2005年11月19日

リバースモーゲージ

団塊の世代の方は、今から15年後は多分年金だけで暮らす方が多くなっていると思います。

一人又は、二人の世帯数が圧倒的多数になりそうなると
リーバースモーゲージ が注目されそうな気がします。

ちょっと調べただけで 5年前位は、福祉課で 其の言葉が出て来るだけでしたが

今は、 民間の企業が 高所得者層を対象に色々なサービスを始めています。

多分 これから 役所 だけでなく 民間のサービスが増えると思われますが、

これ等を上手に使い 自分の最後を納得の行く形で終わらせたいナー 

なんて調べていて思いました。

リーバースモーゲージ 逆担保

この制度は「持ち家や土地はあるが、年金だけでは暮らしには事欠く」
というお年寄りが、死亡するまで生活費の面で不安なく暮らせるように考えられた。
お年寄りは不動産を担保に、市福祉公社と契約を結んで年金融資を依頼する。
依頼を受けた金融機関は、資産評価をしたうえで、毎月、一定額を融資、

持ち主の死亡後、不動産を売却して清算。資産が残れば相続人に引き継ぐ。
(朝日・熊本版1/8)

武蔵野市で採用   
 
2003年 長期資金貸付制度 ができる

地方自治体で採用が増えてきた。



私なら どんなリーバースモーゲージ がほしいかな ?
子供に最後まで世話になりますか  いえいえ 今は、違うみたい 


考えましょう。     

続きは、又




こちらもどうぞ大きい靴下36cmまで  ギブスの上からも履ける らくだー靴下(介護用)

応援クリックをお願い致します。banner.gif   ▲トップに戻る。

posted by 大きい靴下 at 06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。