2014年02月09日

家族が認知症になったら 国民年金は


 若い人は国民年金に入っても 自分の払った分だけ年金として戻ってこないのでは
    と心配しています。

 でも 65歳になり年金がもらえる時は、 半分は税金 半分は自分が払った年金
  だから やはり国民年金は払っていたほうが良いと思います。

 ソレに 65歳を 丈夫で健康で迎えられるとは限らない 
 万が一 障害者になった時 国民年金加入者は
   65歳にならなくても障害者年金がもらえるようになります。
  直近1年間国民年金の滞納がないとか色々条件は有りますが
  障害者1級 2級により 80万円弱と子供さんの数での加算が受けられます。

 又万が一お亡くなりになった場合 子のある妻 と 子供 は遺族年金を受け取れます。

これらを考えても やはり国民年金は加入して滞納無いように収められたらと思います。

2/8日の朝日新聞に 若年性認知症の話が出ていました。
  この時も同じように 国民年金加入者は障害者年金を申請することが出来ます。

 若年性認知症は働き盛りの方がなるので 家計が火の車になってしまうことが多いのですが
このような時  年金を受け取られるのであれば少しは 家計の足しになりますよね、


こちらもどうぞ大きい靴下36cmまで  ギブスの上からも履ける らくだー靴下(介護用)

応援クリックをお願い致します。banner.gif   ▲トップに戻る。

posted by 大きい靴下 at 13:39 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/387821755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。