2013年05月08日

成年後見監督人

成年後見制度

 介護保険制度が始まると同じくして成年後見制度がはじまった

従来の禁治産 準禁治産と大きく違いは 戸籍に認定された事が

記載されない事です。

そのため この制度を活用して

悪徳商法などにあわないように保護するようになりました。

 しかし 後見人には 親族が選ばれる事が多く
 
その親族の不正が 最近 大きな問題になっています。

たとえば 息子が 親の後見人に 親の財産を勝手に処分してしまう。

そんな問題がおきないように
 
裁判所が 成年後見監督人を選任するようになりました。


 

こちらもどうぞ大きい靴下36cmまで  ギブスの上からも履ける らくだー靴下(介護用)

応援クリックをお願い致します。banner.gif   ▲トップに戻る。

posted by 大きい靴下 at 20:45 | 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。