2012年09月05日

天然舞茸の放射能値は117

 長月になり 天然舞茸が顔を出す季節になりました。
八月の「乳茸」は、放射能が多すぎてすべて処分となりました。 (>_<)
 乳茸は、茄子と炒めて素麺やうどんの汁にすると とても美味しい 夏の思い出の食事です。
 栃木県が全国一番の乳茸の消費県   東北からも送られてきます。

   でも 放射能の値が多すぎ 

舞茸が出て来ました。 2.6Kg (時価1万円位) 初物としては大きいですね、 (*^_^*)

 でも でも 

      直ぐに食べられません。 !!

 放射能の検査は 1Kg を検査場に持ち込み 検査して貰います。
  舞茸 1Kg  4000円位  これに検査料がかかります。

  秤で 1Kg 切り取り 検査場に 切り取る前から 辺りは、舞茸の香り
  切り取ると 切り口からもっと香りが強くなりました。

   数日後

        セシウムA 117 セシウムB 0 セシウム合計 117 です。

 微妙ですね、  市販するなら 100以下でなければなりません。

  自宅消費なら ・・・・・・

舞茸_.jpg

  イワナやニジマスも検査では数値が高く 漁業組合では 
   「キャッチ&リリース」として魚を釣るとこを許可
  しかし、お客様としたら 自分の釣った魚を持って帰りたいのが心情

  夏のつりシーズンのお客様 極端に少なくなったようです。
    東電さん この様な保証もしてくれるのでしょうか



▲トップに戻る。
posted by 大きい靴下 at 06:25 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと
こちらもどうぞ  大きい靴下36cmまで    ギブスの上からも履ける らくだー靴下(介護用)

応援クリックをお願い致します。banner.gif   ▲トップに戻る。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。